2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月からピアノの自主連を始めたのはいいのですが
やっぱり離れていた時間が長すぎて
分からないこともあるし、モチベーションを保つためにも
教室に通いたいと思い始めました。


12月になって
近所の市民ホールのピアノ室で
ピアノ教室があると聞き
一度、面談にお伺いしました。


若い、かわいらしいお嬢さん先生でした。

私はピアノを習える嬉しさいっぱいだったので
「この年になると、体力の事・理解力のこと・お金のこと
いろんな制限があって
習い事を始めるということはものすごい決心でしたが
とっても楽しみにしてます♪」
と自己紹介しました。


うんうんと聞いてはくださってましたが、
なんかイマイチ伝わってないなぁ~と
すごく温度差を感じてしまいました。

「アラフィフの憂い」なんて
そりゃ、若いお嬢さんには、想像すらできないでしょう(笑)

しかも、私がどのくらいのレベルかも確かめないので
(ピアノを弾かせてくれませんでした)
レッスンの方法や教材についても
特に提案してくれるわけでもなく・・・

自主練でブルクミュラーをやってます
と言ったら、じゃ、それでいいんじゃないですか?と。



なんだか、急にテンション下がってしまい
レッスンをわざわざ受けなくてもいいような気がしてきてしまいました。


まぁ、とりあえず譜面読むことはできるし
自分でやろうと決心し
当面ピアノを習うのはやめておこうと思いました。







そんなことがあり
すっかりピアノ教室に通う熱は冷めましたが
ピアノは、毎日楽しく練習をつづけていました。




12月の下旬に
友達との忘年会の帰り道
「ピアノの練習始めてるんだよ~」って話をしたら

その友人が
「教室通えばいいのに!
私のピアノの先生、すっごくいい人だから一回会ってみれば?」
と言って、すぐにその場でメールを入れてくれて
先生からもすぐにwelcomeな返信があり

あれよあれよという間に数日後に
面談に行くことになりました^^;



先生は、私と同じ年で
この年になって新しいチャレンジをすることの勇気を褒めてくれて
大丈夫!どんどん弾けるようになりますよ!
って言ってくれました。


あぁ!私が求めているのはこれだぁー

と思わせてくれる先生でした。


ということで年が明けて1月の半ばから
レッスンに通い始めたのでした。

まさにご縁って感じ。






今の先生、一応週1回40分のレッスンということになってますが
行くととりあえずお茶とお菓子を出してくれて5分10分お話してから
そこから1時間くらいみっちりレッスンしてくださいますので
申し訳ないんですが
おしゃべり時間も楽しくて有意義です♪


スポンサーサイト

すみません。すごく幼稚なきっかけで
オハズカシすぎるのですが・・・
バカにしてください(汗)






昨年は、ヴェルディ生誕200年の
メモリアルイヤーでした

私が高校生の頃から(見た目がw)大好きだった指揮者の方が来日
東京の主要なオケの主席クラスの特別編成の記念演奏会を開きました

ビンボー暇無し主婦は、今までマエストロの来日公演に行けたことがありませんでしたが

「マエストロもお年なので、来ていただけるうちに聴きたい!」
「末席なら出せる金額である!」

ということで
3階の奥地から、豆粒のように小さいマエストロのお姿を拝みながら
大感激しながら拝聴しておりました♪






そのコンサートに先駆けて
マエストロは
日本の若い音楽家に向けて講演会をされました。


マエストロの生い立ちや音作りに対する考えを話したり
実際に歌手の方に対し椿姫の解釈について
ピアノを弾きながら、レクチャーしたと聞いていました。



そして、コンサートの翌月(2013.11.10)日経新聞!




2014061819170000.jpg


この新聞記事を見て

「うわあっ!マエストロかっこぇぇ~
ピアノやりたーい!」

とビビビ!

そしてこの日から、ピアノの自主連始めたのでした♪






先日、マエストロはローマ歌劇場を率いて
また来日されたのですが
公演後、幸運にもマエストロにサインをいただくことができました♪


その時、テンパリ過ぎて

「昨年のマエストロの来日公演がきっかけで、ピアノの練習を始めました!がんばります!」

と一方的に言ってしまったんですが

お隣にいた通訳の方が「あら!すごいわね」と言って
通訳してくださって^^;;;


マエストロも、満面の笑顔で
何か言ってくれたけど
残念ながらイタリア語は全くわかりませんので

「がんばってね

と言ってくださったと信じています!






ミーハー人生終わりませんw





2014061909130000.jpg

ウチの子供が小さいころ
おもちゃのようなキーボードを買いましたが
鍵盤が軽すぎて気持ち悪い><
(まぁ、それがキーボードというものですw)


やさしいディズニーの曲などを
時々弾いていましたが、
「鍵盤が足りなくて弾けない曲がある」
という、人生初めての経験をしたりしました(笑)

本当にたまにしか使っていませんので
15年以上はたったころでしょうか・・・
とうとうキーボードが壊れました。


たいして弾きもしないのに、
正確に音が出る楽器が欲しくて
4年前に電子ピアノを買いました。

(バイオリンはヘタ過ぎて
楽器ではなく、鳴り物扱いw)


カシオのプリヴィアです。

そのときには、
とりあえず88鍵あるだけで満足!

「鍵盤のタッチ」とか「音色」とかは
まったく気にもせず
楽器店の在庫処分で
すごく安かったので決めました。




ちょうどその頃中3だった次男が
学校で色々嫌な目にあい
部活をやめて
暇を持て余していましたが

電子ピアノに付属していたデモ曲と楽譜で
夢中になって練習して
タイムリーにいいおもちゃになりました♪



次男、音楽は学校の授業でやったくらいなので
ほぼ耳をたよりに

バッハメヌエット
エリーぜのために
亜麻色の髪の乙女
月光ソナタ
トルコ行進曲
別れの曲
等々

どう考えても初心者のクセに生意気な曲がどんどんひけるようになりました(笑)

テキトーなところだらけなんだけど
自分のものにして弾けてるんです
聴いてて、気分のいい演奏。


う…うらやましい!!



そうなると、小さい頃からやらせれば良かったと頭をよぎりましたが
「習いに行ってたら、楽しめなかったと思う」と一蹴されました^^;




その後無事、高校に合格し
超体育会計の部活に入り練習がハードすぎて
家でピアノを弾く時間は 少なくなりましたが
高校で音楽を選択して
音楽室のグランドピアノをよくひかせてもらっていたようです。



そして、今年。
絶賛浪人中なので
また、時間があればピアノの練習してます。
(今は、ゲームの曲がほとんど)



まぁ、そんなこともあり
子供にライバル心をもったのも
再開のきっかけのひとつかなって思います(笑)




ピアノ歴について改めて書いてみましたが
私のこども時代10年間くらいあったんですねぇ(;A´▽`A


ただ、
赤と黄色のバイエル
ブルクミュラー
を終了したのは覚えてるのですが

いつ終了したのか?
そのあとの教材は何だったのか?

記憶喪失なのです。


ツェルニー???
ソナチネ???
オリジナルの教本???




今回、ピアノと向き合って初めて気づきましたが
ピアノの記憶がわたしの中から抹殺されているんです。


先生の顔も、レッスンの様子も
思い出せず


どんだけ嫌なことがあったんでしょうか?(;A´▽`A

結構なトラウマ(笑)





確かに、練習は大嫌いで
ちょっと、弾いては母に

「どう?弾けてる?
もういい?」
と声をかけ

「自分でいいと思うなら練習終わらせていいのよ」
と言われ
自分でも足りないのがわかってるので
しぶしぶまた練習…

そんな感じでしたから
上達するわけないんですがね~(汗)

ただ、「ピアノで曲を弾くこと」は好きだったんですけど









今、ピアノを再開し
ブルクミュラーをやりながら
こどものころの母との会話
学校近くの風景
空の色など…


30年以上、まったく思い出さなかった子供の頃の記憶が
呼び起こされることがあります。


ただただ懐かしいばかりではなく
少々ほろ苦い記憶もあり…

生涯劣等感のカタマりだった私ですが
ただ、年を重ねてきて
最近なってできるだけ自分を肯定してあげようと思うようになりました


嫌な思い出、できなかったことも含めて
そのおかげで今の自分があると
思わなきゃ~って



今、なんだか
わたしの人生で
やり残してしまった穴ぼこを
順番に埋めてるみたいな感じです。

老前整理の一環かしら(笑)








中2でピアノを辞めたあとは
全音のピアノピースを買ってきて、ボチボチ好きな曲を弾いて遊んでいました


中高一貫だったので高校受験の心配はありませんでしたが
友達関係も、趣味も、勉強も、部活もあまり面白いことが無く・・・
ちょうど中2~3にかけて
なんか腐ってる中学時代でした。



私の学校には部活でオーケストラがあり
初心者OKだし楽器も学校の備品ですぐに始められると
友人に誘われ
中3の終わりから
入部させてもらいました♪

ちょっと自分の性格と環境と変えてみたかったので
いいチャレンジでした!




楽器はなんでも選んでいいということだったので
池田理代子さんのオルフェウスの窓のクラウスがかっこよかったので(笑)
バイオリンを選びました



「合奏」の魅力にすっかりハマり
楽しくて楽しくて~高校三年間みっちり練習しました!




1年
モーツァルト交響曲35番ハフナー
メンデルスゾーンフィンガルの洞窟
2年
ビゼーアルルの女
ベートーベン田園
3年
バッハ室内楽


ピアノ習っていた頃の記憶がほとんどないのに対し
オケでの記憶は鮮明です(笑)






バイオリンは
大学時代から会社員になって
結婚してからも
不定期ではありましたが
レッスンに通い続けました


長男を妊娠し
お腹が大きくなって7、8ヶ月目に
楽器を弾くのがつらくなり
それでやめて、それっきりになってしまいました。



子供たちは、音楽に全く興味無い幼少時代で
「親子でバイオリン教室に通う」
という儚い夢は消え去りました

時々自分だけでもバイオリン教室に通いたいなぁ~と思うことがありましたが
子育て中の身には、時間を確保するのが難しかったのと
月謝が高すぎ(これが一番!)なので
断念してきました。



今でも時々ケースから出して弾きますが
下手くそ過ぎて、自分で弾いていて気持ち悪い(笑)

バイオリンは・・・もういいやw




ぴあみーちゃ

Author:ぴあみーちゃ
2014年1月より、35年ぶりにピアノを習い始めました。ブルク終了しツェルニー30、ソナチネ付近をフラフラ漂っています♪
月曜から土曜までフルタイム勤務。毎晩すぐ眠くなってしまうヘタレ。練習時間の確保が課題。

申し訳ありませんが、しばらくレッスン記事は限定にしてます。
大したこと書いてませんので~お気軽にパスワードまたはブロとも申請してくださいm(__)m

カワイCA65
上位機種が発売になりました♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。